Entry: main  << >>
信長には黒人の家臣がいた?パート1

 信長には弥助という黒人の家臣がいた。戦国時代に宣教師アレッサンドロ・ヴァリニャーノ(イタリア)が来日した際に東アフリカから連れてきた召使いである。年齢は26〜27歳で十人力の剛力、牛のように黒き身体と信長公記に描写されている。京都でこの黒人がいることが評判になり、見物人が殺到して重傷者が出るほどだったらしい。初めて黒人を見た信長は、肌に墨を塗っているのではないかと信用しなかったという。着物を脱がせて体を洗わせたところ白くなるどころかより一層黒く光った。本当に肌が黒いという事を理解した信長は大いに関心を示しヴァリニャーノに交渉して譲ってもらい「弥助」と名付け武士の身分に取り立て側近にした。奴隷の身分から直臣となり私宅と腰刀を与えらたというのは、当時としては破格の出世である。徳川家康の家来であった松平家忠が日記に陪臣の自分よりも立場が上であると書かれている。陪臣というのは家来の家来で、信長は天下人であるから家康は家来となる。だから、家忠は陪臣となり弥助は直参であるのでそうなる。戦国時代には日本人の平均身長が160冖気ったときに弥助は、身長が182cmでがっちり体形でだった。信長が相撲好きだった事もありよく相撲を取らせたようでかなり気に入られたようである。

| 後藤田歯科医院院長 | 20:01 | comments(0) | - | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 20:01 | - | - | pookmark |
Comment








Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Link

Profile

Others

Mobile

qrcode

Sponsored Links