Entry: main  << >>
桃源郷
 15日は敬老の日である。この日になるといつも桃源郷という言葉を思い出す。私が徳島大の法医学教室に通っていた時に、当時大変お世話になっていた、原田寛子先生(現四国大学教授)が徳島の県南に桃源郷のようなところがあると言っていた。先生は15年程前に老人学という学問を定義づけようとしていた。あまり聞いたこともないような学問ではあるが、これからは多くの老人が出てくるのでこういう学問が必要になってくる。年をとると、考え方も行動も違ってくるし、痴呆も出てくる。そういうことを理解していこうということで先生は始められたようである。
 それで県南の6つの地域(町村)では、20年以上老人の自殺者が0であるという。そういう理想郷みたいなところがある。調べてみると気候が温暖で、山があって川があって、海があり、また地域でのコミュニケーションがしっかりととれている。特に独居老人はみな明るく、自分が高齢期を生きているにもかかわらずまだ人の為になることを実行したいと考えている。これはすばらしいことである。日本の総理大臣は大したことはないが、国がもっているのはこういう方々がおられるからだと思う。
| 後藤田歯科医院院長 | 18:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 18:56 | - | - | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Link

Profile

Others

Mobile

qrcode

Sponsored Links