Page: 1/119   >>
正暦寺

 奈良市内中心地から南へ数辧東南の山麓にあり菩提仙川に沿ってこのお寺はある。驚いたのはお寺でお酒を販売している。今迄、お寺はあちこち巡ってきたが初めてである。そのはずで、どぶろくのようなにごり酒を清酒(透明なお酒)にしたのはここが発祥である。受付で僧侶の方が色々とこのお寺についてお話しをしてくれた。992年に一条天皇の命により創建されたが興福寺の末寺にあたり、お寺の運営となると何か利益の出るものは何かと考え、本来は禁止されていた酒造りではあるが神仏習合という流れの中で、神様、仏様に献上する御酒として自家製造された。ここの初代住職として東寺の別当が選ばれている。東寺の長者様である砂原様には岡山の温羅様の件で観音様を建立させて頂きお世話になったというと、その僧の方は「ああよくわかります。」と言ったのでなぜご存じでしたかと問うと、その僧侶の奥様が岡山県の総社市の出身で鬼ノ城や吉備津彦神社はよく行きましたと言う。以前は興福寺の配下になった為、南都六宗であったが現在は真言宗であるので同じ宗派として、東寺の事はよく知っておられるのであろう。正暦寺で創製された酒母(もと)は酸を含んだ糖液で培養するので、その酸により雑菌が殺されアルコールが防腐剤の役割を果たすという巧妙な手法がとられており、これは日本酒造の一大技術革新であった。仕込みを三段仕込みから四段、五段と発展し南都諸白という名で親しまれ「菩提泉」となった。本堂には孔雀明王がまた、護摩堂には大きな不動明王様がおられる。紅葉の時期にはもみじが大変美しいらしい。又、秋にでも来ようと思う。帰り際に百楽門という純米大吟醸を買っていった。あと酒かすのみで漬けた奈良漬けも買ったが美味しいかどうかはわからない。

| 後藤田歯科医院院長 | 13:07 | comments(0) | - | pookmark |
尾張氏

 「尾張名護屋は城でもつ」現在の愛知県(尾張)は元々尾張氏は、大和(奈良)から派生したものである。古代、尾張氏は愛知県の西部を支配していた豪族である。以前に賀茂一族の事を調べていたら尾張氏族の事も書いてあった。尾張氏の祖神である天香山命、天牟良雲命、天背男命らは饒速日(ニギハヤヒ)命の東遷により九州の筑紫から大和にやってきた。大和での尾張の本拠地は高尾張で現在の奈良県の葛城山の麓である。尾張の尾は「丘」、張は「墾(はる)」でこの葛城山の麓の高台を開墾して住居とした。大和の尾張氏はやがて東海地方へと移り尾張国を作っていった。尾張氏は、崇神天皇の時代までこの葛城地方にいたと思われる。尾張氏は代々天皇に娘を嫁がしてい氏族である。これは、藤原と同じで天皇に近づき政権を取るという手段である。このことによりかなり大きな氏族に発展していった。

| 後藤田歯科医院院長 | 18:06 | comments(0) | - | pookmark |
コロナウィル(新型肺炎)の影響

 この前、年が明けて令和2年になったと思ったがもう1か月経った。土曜日は京都市内に日曜日は奈良公園東の春日大社にお参りに行った。いつも日曜日は駐車場に入るのに30〜40分は待つのに今迄で一番人出が少なかった。気持ち悪い位すぐに入れ一番参道に近いところに停められた。観光バスだけでも20台以上は並んでいるのに昨日はたった一台のみ。人出が少ない為かお札やお守りを売っている巫女さんも手持ち無沙汰である。お参りされている半分以上の人はマスクをしている。一昨日もお土産がたくさん並んでいる京都の新京極を通ったが、人出は多いものの中国語は全く聞かれない。欧米人が多いように感じる。終息はいつするのか、先が見えない。お土産屋さんも渋い顔である。

| 後藤田歯科医院院長 | 17:43 | comments(0) | - | pookmark |
素麺

 世間ではコロナウイルスで大騒ぎであるが、インフルと毒性は変わりなく子供にはほとんど感染がないので怖がることはない。素麺は、奈良時代に唐(中国)から伝来したものと言われている。大和の三輪山麓が発生の地である。特に日本でも西日本にその産地は多い。長崎や小豆島,播州など。実家の徳島では半田素麺が知られている。三輪素麺よりも少し太めではあるが阿波ではよく食べられている。のどごしと腰の強さがある。うどんと同じ小麦と水と食塩で作られるが手延べ麺には油が入っている。乾麵には油は入ってない。だから手延べは伸びるのであるが夏は冷やして冬はにゅうめんで、漢字で書くと「煮麺」とめんを煮ることになる。冬はうどんもいいがにゅうめんも温まる。

| 後藤田歯科医院院長 | 15:09 | comments(0) | - | pookmark |
奈良の宿事情

 最近になりやっと一流のホテルが奈良市内にこの4月から開業する。JWマリオットホテルである。日本での進出は奈良が初めてとなる。今までは古い奈良ホテルやビジネスホテルに毛がはえたような日航ホテル位しかなく、京都と同じ高さ制限があるので11階以上は建てられない。又、土地を掘り返すと何か出てくるので工事がストップしてしまう。なかなか進出したくてもホテルも手が出せない状況であった。旅館も大きな所はなく皆、隣の府県に逃げられてしまうのが現状である。このマリオットホテルといっしょにコンベンションホールやNHKも同じ敷地内に出来るのでこの新大宮界隈も賑わうだろう。もっと多くのホテルができる事を期待する。ラスベガスやマカオのホテルを見ると日本のホテルはかなり小規模である。あちらは部屋数でも3000〜7000室もある。日本で一番大きな東京の品川プリンスホテルで3600室位であるが3000室以上の客室を持ってるのはここだけである。日本全体に言えることであるが、やはりカジノは必要である。又、ファミリーが遊べるようなテーマパークを持つことで需要はより高まるだろう。いいお手本があるのに。

| 後藤田歯科医院院長 | 18:11 | comments(0) | - | pookmark |

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

Search

Entry

Comment

Trackback

Archives

Link

Profile

Others

Mobile

qrcode

Sponsored Links